高槻総合法律事務所 TAKATSUKI SOGO LAW OFFICE

高槻駅 高槻市駅 徒歩10分

時間外 土曜・日曜・祝日 事前予約で対応可能

072-669-8855

交通事故

こんなお悩みありませんか?

・治療費や慰謝料の請求をしたい。
・後遺症の認定に不満がある。
・示談を提示されたが、これでサインしていいのか分からない。
・精神的な負担になるため、交渉を任せたい。
・納得いくまで、治療を続けたい。
・過失相殺・割合に納得できない。
交通事故に遭ってしまったら、ただでさえ法律の専門知識がない中、治療もしなければならず、精神的にも負担になっている状況が続いていると思います。そんなときに相手の保険会社から連絡がきて、様々な交渉をしたり、場合によっては一方的な通告をされたりして、的確な判断をしていくのは難しいでしょう。当事務所へご相談頂ければ、皆さんの利益を最大化するのはもちろん、交渉も全て代行しますので、精神的にもストレスから開放されます。交通事故に遭ってしまった方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

賠償金の基準について

加害者側の保険会社は、独自の基準に基づいて賠償金の額を算定しますが、裁判所はそれとは異なる基準を持っており、裁判をすればほとんどの場合は受け取れる額が大きくなります。そのため、仮に裁判までしなかったとしても、弁護士をつけることで交渉を有利に進めていくことができ、正当な賠償金を受け取ることができるようになります。

示談について

交通事故後に、加害者本人、もしくは保険会社から示談をもちかけられることがあります。もしサインしてしまったら、後で覆すことはかなり難しいため熟慮し、できれば法律の専門家に相談して頂きたいと思います。

必ず警察に連絡しましょう

もし後々示談をするとしても、事故直後には必ず警察に連絡をして、事故証明書や実況見分調書を作成してもらってください。もし警察へ届け出をしていないと、保険金すら受け取れなくなってしまいます。また、損害賠償請求をするときの金額算定で不利になってしまうこともあります。

内容をよく吟味してください

加害者側の保険会社が提示してきた示談内容は、当然向こうにとって有利な内容になっているはずです。安易にサインしてしまうと、本来受け取れるはずだった額が受け取れなくなってしまったり、ある内容に関しての補償を受けられなくなってしまったりすることになります。示談は焦る必要はありませんので、交通事故のトラブルに強い当事務所へご相談頂き、正当な補償を受けられるようにしましょう。

お問い合わせ

07266988550726698855

top